NMNとは

NMNはビタミンB3に分類される物質で、正式名称はニコチンアミドモノヌクレオチド。

もともと人間の体内に自然に生成される物質であり、人間の寿命や老化に深く関係する「サーチュイン遺伝子」を活性化させる「NAD」の前駆体です。

しかし、加齢と共にこの活動が低下し、「NMN」や「NAD」が体内に不足していくことで身体の様々な機能が減退していきます。これが老化です。

つまり、NMNという物質はもともと人間の体内にあり、人体の臓器を修復する上で重要な役割を持つものです。 しかし加齢によってNMNは減少し、さらにNMNをつくる能力も低下してしまいます。

※国立研究開発法人日本医療研究開発機構
プレスリリース血液中を巡っているNAD合成系酵素eNAMPTが、哺乳類の老化と寿命を制御していることを解明―新しい抗老化方法論の開発に期待―より抜粋

NMNが求められる理由

「NMN」は年齢を重ねると共に自然と減少していきます。 「NMN」は摂取すると、体内に素早く吸収されたのち、生体内物質(NAD)へと変換され、サーチュイン遺伝子を活性化させます。 このサーチュイン遺伝子は、人間の老化や寿命のコントロールに非常に重要な役割を果たしています。

つまり、「NMN」を摂取することで、サーチュイン遺伝子を活性化させ、年齢と共に現れる様々な身体機能の低下を防ぐ効果があると最近の研究により証明されました。

※国立研究開発法人日本医療研究開発機構
プレスリリース血液中を巡っているNAD合成系酵素eNAMPTが、哺乳類の老化と寿命を制御していることを解明―新しい抗老化方法論の開発に期待―より抜粋

健康維持や美容効果が期待される
NMNが含まれる食材

NMNは元々、すべての人の体の中に存在しているものであり、また母乳やブロッコリー、アボガド、枝豆などの身近な野菜にもごく微量含まれています。

しかし、これらの食材に含まれているNMNはごく少量であり、
毎日の食事からNMNを摂取するのは大変難しい問題です。

NHKによる
NMN」の特集

2015年NHKスペシャル「NEXT WORLD」では人間の老化と寿命に深く関係する「サーチュイン遺伝子」が発見され、動物実験で、この遺伝子の働きを強めると寿命を延命させうる効果があることが放送されました。

さらに番組では、その「サーチュイン遺伝子」を発見し、NMNを使用した研究開発の第一人者である日本人研究者の今井眞一郎教授を取材し、大きな話題となりました。

未来のエイジングケアサプリメント
NMN」研究開発の第一人者

今井眞一郎|SHINICHIRO IMAI

  • 1989年、慶應義塾⼤学医学部を卒業後、同⼤学院で細胞の⽼化をテーマに研究
  • 1997年に渡⽶し、マサチューセッツ⼯科⼤学のレオナルド・ガランテ教授のもとで、⽼化と寿命のメカニズムの研究を続ける
  • 2001年よりワシントン大学医学部で研究室を主宰し、哺乳類SIRT1とNAD合成系を中心とした代謝および老化・寿命制御のメカニズム研究に従事する。
  • 専門は哺乳類における老化・寿命の制御メカニズム、および科学的基盤に立脚した抗老化方法論の確立。
今井教授をはじめワシントン大学では多くの研究者がNMNの研究を推進。
NMNを使用したマウスへの長期投与実験の結果、マウスの代謝の増加や健康寿命が延びるなど
NMNは身体に様々な治療効果が期待できることが明らかとなりました!

※国立研究開発法人日本医療研究開発機構
プレスリリース血液中を巡っているNAD合成系酵素eNAMPTが、哺乳類の老化と寿命を制御していることを解明―新しい抗老化方法論の開発に期待―より抜粋

未来のエイジングケアサプリメント「NMN」
マウスを使用した最先端の抗老化研究①

NMNをマウスに1年間投与し続けた結果、驚くべき様々な効果が明らかとなりました!

NMNは素早く体内へ吸収され、素早くNADに変化!

マウスの飲み水にNMNを溶かして与え続けた結果、
マウスが水を飲んだ後、NMNは素早く体内で吸収され、
15分ほどで組織に移行し、すぐさまNADに変化されることが判明されました。

つまり、NMNは体内に取り入れると、ものすごい速さで血液中に取り込まれてNADに変化します!

※日経ビジネス「若返り薬「NMN」が、超高齢化の日本を救う」より抜粋

NMNを飲むとすぐにNADに変換し、サーチュイン遺伝子が活性化!

マウスの実験で、脳の司令塔である視床下部でサーティワン( サーチュイン遺伝子はサーティ1から7までの7種類存在し、その中で最も重要なのがサーティワン)の機能を高めたところ、老化によって増える症状や病気の発症時期が遅くなり、メスでは16.4%、オスでは9.1%健康寿命が延びました。

組織中のNAD量は加齢と共に減少しますが、NMNを飲むとNADの量が増えてサーティワンの働きが活性化します。 サーティワンが増えると、視床下部がコントロールセンターとなっていろいろな臓器や骨格筋、脂肪組織の機能が回復し、身体活動量や代謝が上がります。

つまり、NMNを摂取することで、加齢に伴って減少するNADを増やし、サーティワンを活性化させ、年齢による様々な身体機能の低下を防ぐ高い効果が期待されます。

※出典:Cell Metab, 2013 Sep 3;18(3):416-430.
日経Gooday「⽼化を遅らせ、健康寿命を延ばすには?最新研究が⽰す注目の抗⽼化物質」 より抜粋

未来のエイジングケアサプリメント「NMN」
マウスを使用した最先端の抗老化研究②

加齢マウスの代謝の増加、食欲も増加!ところが体重は減少!

マウスも人間と同様に老化するとともに代謝が落ち、体重が増えます。
NMNを毎日300mg摂取していたマウスは、通常のマウスに比べ、体重が9%減少していることが判明。人間で例えると、70kgの男性が6kg以上痩せたという計算になります。
さらに以前よりも食欲が増加し、食事の量が増えていたにもかかわらず体重が減少していました。
つまりNMNを摂取したマウスは脂肪酸を燃やしてエネルギーに変え、体重が減少していることが判明しました!

※日経ビジネス「若返り薬「NMN」が、超高齢化の日本を救う」より抜粋

未来のエイジングケアサプリメント「NMN」
マウスを使用した最先端の抗老化研究③

6か月若返り、活動量も増加!

17カ月齢の高齢マウスにNMNを投与した結果、通常の11カ月齢のマウスと比較したところ、酸素消費量にあまり大差がないことが判明。
つまり、NMNを投与した高齢マウスは6カ月若い状態に戻っていたことが分かりました。
さらにNMNを投与した夜行性のマウスは、以前よりも夜間の活動量が増えていることが分かりました。
様々な実験により、NMNによって体の代謝状態、特に骨格筋でエネルギーを産み出す能力が高まるということが分かっています。

※現代ビジネス 「若返りの薬」今井ワシントン大学教授の「研究大成果と素顔」より抜粋

未来のエイジングケアサプリメント「NMN」
マウスを使用した最先端の抗老化研究④

今井教授のマウスを使用した研究成果により、NMNの抗老化効果として、体重増加や骨密度低下の抑制、インスリン感受性の改善などが判明しました。
(出典:Cell Metab. 2016;24(6):795-806.)

また研究用のマウスは高齢になると、目の網膜に炎症が起きてしまうところ、NMNの投与を与え続けたマウスは網膜の炎症がなくなっていました
つまりNMNを投与されたマウスは網膜の視細胞の機能が向上していることが分かりました。
さらに高齢になると涙の量は減少するところ、NMNを摂取したマウスの涙量は増加していました。
その他にも、マウスの骨密度が増加していることが判明し、NMNの投与によってさまざまな身体機能の低下を食い止め、いつまでも若々しく健康を維持する効果があることが明らかとなりました。

※日経ビジネス「若返り薬「NMN」が、超高齢化の日本を救う」より抜粋

抗老化でがん発症を遅らせる効果も!

ワシントン大学の研修室で飼われているマウスはリンパ腫などの血液のがんや肝臓がんなどで死んでいきますが、研究によりサーティワンを強めたマウスはがんになるのが著しく遅れました。

通常サーチュイン機能が失われてがんが発症しますが、マウスの研究によりサーティワンを強めたことでマウスががんになるのが遅れました。

つまりNMNを摂取し、サーティワンを強めたことでマウスの老化を遅らせただけではなく、がんになるのも遅らせる効果があります。

※HORIEMON.COM「脂肪が作り出す酵素で、老化に対抗することができる」
米ワシントン大・今井眞一郎教授が語る「抗老化と長寿」研究の最前線より一部抜粋

老化認知機能や免疫機能の低下を抑える効果も!

その他の研究機関では、アルツハイマー病のモデルマウスにNMNを飲ませた研究により、記憶力や認知機能が回復し、アルツハイマー病の原因となる脳の海馬の細胞死が抑えられたと報告されています。

NMNは血管の弾性を若い頃と同じように保つといった働きがあるなど、老化に伴う組織や臓器の機能低下、さらに老化に伴って起こる病気を改善させうる効果も、世界各国の非常に多くの研究機関の論文で証明されています。

※日経Gooday「⽼化を遅らせ、健康寿命を延ばすには?最新研究が⽰す注目の抗⽼化物質」 より抜粋

NMNが老化を制御する仕組み

NMNによる
糖尿病や肥満へのアプローチ

今井教授らのワシントン大学の研究チームは、糖尿病予備軍で肥満かつ閉経後の女性(55~75歳)25人を対象に、12週間NMNを投与し、体の代謝、心臓や血管の状態にどのような変化があるか研究を行い、現在その論文を作成中です。

さらに、 2020年10月から第2次の臨床実験がスタートしました。第2次では男性も研究対象者に入れ、人数を増やし、米国防省の予算もつき、糖尿病予備軍で肥満の男女56人に対し大規模な研究が行われています。

これらの最先端の抗老化研究結果が承認されることで、NMNは老化による様々な身体機能の低下を遅らせ、
実年齢よりも若く健康的な身体機能を保つことが実現可能となります。

※日経Gooday「⽼化を遅らせ、健康寿命を延ばすには?最新研究が⽰す注目の抗⽼化物質」より抜粋

NHKなど
多数メディアで特集!

2015年NHKスペシャル「あなたの寿命は延ばせる~発見!長寿の遺伝子」ではサーチュイン遺伝子の働きを強めることで、身体機能の低下を防ぎ、寿命を延ばす効果が期待され、大きな話題に。
2020年1月21日慶応義塾大学医学部内科学の教授、および米国ワシントン大学医学部教授らの研究グループは、未来の若返り物質として期待されるNMNがヒトに安全に投与可能であることを発表。
2020年3月31日厚生労働省は 「食薬区分における成分本質(原材料)の取扱いの例示」にNMNが新たに「非医薬品リスト」に追加。
2020年7月健康産業新聞「特集【NMN】若返りのビタミンNMNに期待案!!」特集。
ホリエモンこと堀江貴文さんは自身のSNS上で3年ほど前からNMNを愛用していることを公表しました。(※他社製品です。)
その他、多数の新聞や雑誌でNMNが特集され、話題に!